『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』で自己理解をしてみたら自分に自信が湧いてきた話

  • 就活しているけど、自分のやりたいことが見つからない・・・
  • いま働いている仕事は本当に自分に合っているのだろうか・・・
  • 転職活動をしたいけど、自分の仕事における強みがわからない・・・

就活生の皆さん、転職活動を行っている皆さん、もしくはこれから起業・副業しようと考えられている皆さん、
いや、特に今の仕事になんの不満も無い皆さんも含めて問いてみたい。

あなたの「やりたいこと」って何ですか?

これを聞かれて、「私は〇〇がやりたいことです!!」と答えれた人は、日々仕事に対しても熱意をもって働くことが出来ているんじゃないでしょうか。

でも逆に、そんな明確にやりたいことを理解してないという方がいるのも事実だと思います。

自分は一体何がしたくて、どうなっていきたいのか。これがわからないと自分が本当に今の仕事が向いているのか、心の中でモヤモヤした状態で働くことになってしまいます。

就活や転職で、新しい一歩を踏み出そうと思うのであれば、せっかくなら自分の適職といえる仕事につきたいとは思いませんでしょうか。

そこで紹介するのがこの本。『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』です。

タップできる目次

私がこの本を購入したわけ

私自身、今の仕事に対しては、正直言ってそこまで不満はないんです。

仕事自体は大変ではありますが、そこまで激務というわけでもないし、怒鳴ってくるようなパワハラ上司がいるわけでもないので。

では、なぜこの本を購入してみたかというと、表紙を見てふと考えました。。。

シアマン

やりたいことの見つけ方?
今の仕事は嫌いじゃないけど、やりたいという訳でもない…
家族を養うために、給料で納得している部分もあるけど…
…ってか自分ってやりたいことってなんだ??

いろいろと考えているうちに、せっかくなので自分に合う仕事がわかるのであれば、一度試してみよう!

もしほかの仕事で、今より合う仕事が見つかれば、新しい可能性も広がるなと考え、手に取ってみることにしました。

世界一やさしく「やりたいこと」の探し方を教えてくれる

タイトルに『世界一やさしい!』と豪語しちゃってるんで簡単でなければ意味がない。

世の中には、自己分析本はあふれているが、分析の方法自体が面倒くさくて、本の内容をまず実践してみようという気にならないものが残念ながら多いんです…

この本では、自己理解メソッドという方法を通して自分について理解していく形になっています。

自己理解をする上で大切なことは、以下の3つと著者の八木さんは言っています。

  • 好きなこと[情熱]
  • 得意なこと[才能]
  • 大事なこと[価値観]

そして、八木さんは、3つの要素を組み合わせることで2つの公式ができると話しています。

[公式1]好きなこと×得意なこと=やりたいこと
[公式2]好きなこと×得意なこと×大事なこと=本当にやりたいこと 

この公式を自分に当てはめて解いていくだけで「本当にやりたいこと」が見つかるというのです。

はい!簡単ですね。

いやいやいや、いきなりハードル高すぎ!

そもそも、好きなことも無いし、得意なことなんて無いよ!

…という方。

ご安心ください、私も最初、普通にそう思いました。

そして、この本ではちゃんと順序立てて3つの要素と公式が理解できる構成になってますのでご安心を。

「やりたいこと」と「なりたいもの」は一緒じゃない

細かいメソッドの内容はこの本を読んでいただければと思いますが、個人的に参考になったのは、

「やりたいこと」と「なりたいもの」を一緒になって考えてはいけないということ。

実際に、筆者の八木さんは「なりたいもの」で仕事を考えると実現手段が限定されてしまうと書いています。

例えば、「お笑い芸人になりたい!」というなりたいものを考えた場合、「じゃあテレビで活躍する必要があるな」と考えてしまい既存のお笑いルートしか見えなくなります。もしテレビで活躍できそうにない感じた場合には、そのなりたいものを諦めてしまうでしょう。これが自分のやりたいことを考えられている人なら「人を笑わせる仕事がしたい!」になるでしょう。これなら別にテレビに出なくても「YouTubeを使う」というアイディアも思いつきます。もしくは「笑える漫画を描く」という手段も思いつくかもしれません。

引用:世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 P62 より

この考えを転職で例えてみると、

今の環境よりもっと良い会社に入りたいと思うがあまり、転職先を探すときに会社のネームバリューや待遇面などでどうしても探してしまいがちですよね。(生活が掛かる事なんで、全然この考えも間違っては無いとは思います!)

ただ見かけの部分だけで仕事を決めてしまうと、いざ入社した後にGAPを感じてしまうケースも多々あるのではないでしょうか。私も前職でそういう失敗を経験しました・・・

でも仕事って結局のところ「自分がこの会社で何がしたいか?」ということが大切で、会社名や役職、待遇などで仕事を決めてしまうのは、八木さんの言う「なりたいもの」選びをしてしまっているという事になるんじゃないでしょうかね。

自分の長所を大学時代の友達に聞いてホッコリした

得意なことを知る質問の1つとして、こんな質問があります。

仲のいい人に「自分の長所って何だと思う?」と聞いてみてください。

引用: 引用:世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 P134 より

正直、33才にもなり、「自分の長所って何だと思う?」って友人にはもちろん、奥さんであってもかなり恥ずかしい質問ですw

ただここで断念してしまってはせっかくの自己理解が出来なくなるのはもったいないと思い、大学時代の友人に勇気を出してLINEで確認をしてみました。

…既読スルー。

ものすごく恥ずかしさが込み上げてLINEを送ったことを後悔をしていた翌日の朝に、友人から律儀なことにわざわざ電話で回答してもらうことが出来ました。

友人に確認すると昨日の既読スルーは、どこが長所なのか整理して考えてくれていたとのこと。

なんていい奴なんだ、友人。

それを聞いただけで感無量です。

友達からは私の長所として、以下のように言ってくれました。

友人

「何事にもポジティブに返答してくれるから、初対面の人でも誰でも打ち解けれる安心感がすごい。どんなことでもポジティブに返すのって意外と難しいし、周りを和ませる才能があるね。管理職とかでも求められるスキルだと思う。」

これですね、実際言ってもらうとめちゃくちゃ嬉しいですよw

普段、ここまで真っすぐと自分について褒められることって社会人になってから無いじゃないですか。

長所って自分で考えると謙遜してしまいますが、仲のいい人から言われることは、客観的な評価なので、自分にとってこれが強みなんだと自信に繋がりますし、気持ちも明るくなります。

中々、友人や家族へ質問するのは恥ずかしいとは思いますが、もしこの本を実践いただくのであればぜひ、仲のいい人へ質問を投げかけてみてください。

自分のやりたいことを見つける

メソッドを通して実践することで、自分のやりたいことはいろいろと考えましたが以下のようになりました。

  • 好きなこと:自己啓発(自分磨き!)
  • 得意なこと:良いと思ったものを多くの方に広める
  • 大事なこと:新しいことに挑戦する

【本当にやりたいこと】自己が良いと思ったことを多くの人に広めて、新しいことを始めるきっかけを作ってもらう

メソッドすべての質問に回答して、「やりたいこと」がわかるまで大体6~7時間くらいは掛けたと思います。
本を読みながら答えていったので純粋にメソッドのみやったらもう少し早く終わるかも。

質問に答えていくと、自分の価値観や好きなことについて再確認できたので、実践してみて良かったです。

ただ、メソッドの中で、すこし難解だったのが、自分の価値観の要素を大きく5~6つくらいのグループに分けるワークがあるんですが、どの価値観グループに要素が該当するのか、そもそもどういう価値観のグループ名にするべきなのかが、少しわかりにくく、この辺は本だけだと難しいんじゃないの?と思う部分も正直ございました。

なので、「この1冊で完全にやりたいことがわかる!」というわけではなく、自分のことを理解するきっかけになる本として考えて頂くのが個人的には良いかと思います。

やりたいことなんて、人生で感動するものを観たり、聞いたり、または色々と体験することで、いくらでも変化していくものかと思いますからね!

私の場合は、副業を通して、やりたいことをまず実践していこうと思うきっかけとなりました。

実際に、ブログを「新しいことに挑戦する人へ、初めの一歩を応援する」というテーマにしたのもまさにこの影響ですw

まとめ

今回は、八木仁平さんの著書『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を実践してみました。

メソッド自体は一日くらい時間を掛けて行う必要があるかと思いますが、これから就職・転職活動を始めるという人にとっては、自己理解をする方法が分かりやすくまとめてありオススメ出来る内容だったと思います。

また、やりたい仕事をこのように探してはダメという、就職・転職活動でのやってはいけないポイントも書かれていたので、そちらも参考になるのではないでしょうか。(なりたいものになるはダメです!)

副業ブームが最近は来てますが、これから副業を始めようという方も副業で何をするか考えるきっかけ作りにはオススメです!

ご興味ございましたら是非お手に取って読んでみてください(^^)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次